必須ミネラルと有害ミネラル

ミネラルとは?

人間の身体の96.7%は、酸素・炭素・水素・窒素の4元素で構成されています。
残りのカルシウム、リン、ナトリウム、鉄、亜鉛、銅などの元素を含め、総称してミネラルと呼ばれています。

ミネラルには、必須ミネラルと有害ミネラルがあり、必須ミネラルの欠乏はや有害ミネラルの蓄積は、不眠・冷え性・抜け毛・肌荒れ・疲労感等といった、様々な不定愁訴や生活習慣病に関与するといわれています。

必須ミネラル

必須ミネラルは、身体機能の維持や調節にかかせない栄養素です。
現代社会では、不足しがちな栄養素ですが、多すぎても健康の維持・増進には好ましくありません。また、必須ミネラル相互のバランスも必要です。

有害ミネラル

有害ミネラルは、人体に影響を及ぼし、体内での有用性は現在のところ認められていません。主にカドミウム、水銀、鉛、ヒ素、ベリリウム、アルミニウムを有害ミネラルとしています。
※有害ミネラルは、学術的には有害金属といわれています。

参考:ら・べるびぃ 予防医学研究所

関連記事

  1. 有害ミネラル対策のための栄養素・食品

  2. 必須ミネラルを、上手に取り入れてキレイになろう

  3. 有害ミネラルが身体に蓄積されるとどうなるのか?